2010年06月11日

連続強盗強姦、被害女性が別室からビデオリンク陳述(産経新聞)

 平成17~21年に大阪市内で繰り返し女性を暴行し金を奪うなどしたとして、住居侵入と強盗強姦など11の罪に問われた元飲食店手伝い、鎌田公一被告(44)の裁判員裁判の公判が8日、大阪地裁(中川博之裁判長)で開かれ、被害女性が別室から映像と音声を法廷に中継する「ビデオリンク方式」で意見陳述した。

 女性は「突然、不幸のどん底に突き落とされ、忘れたくても忘れられない」と苦しみを吐露。「たとえ死刑になっても許せない」と声を詰まらせながら厳しい処罰感情を訴えた。

 ビデオリンク方式では、被害者は出廷しないため、傍聴人に顔を見られず、被告とも目を合わせずに済む。裁判員らは被害者の様子を卓上モニターで見る一方、被告や傍聴席には音声のみが伝えられた。

【関連記事】
「みんなが顔を見るぞ」と脅し 性犯罪、被害者保護に課題
プライバシー配慮?「裁判員」回避で強姦容疑に
裁判員那覇地裁 「耳ふさぎたい部分も」 強姦致傷審理で女性裁判員
裁判員制度施行から1年 守秘義務巡って困惑も
耳が不自由な裁判員に筆記で対応  奈良地裁

民主党両院議員総会での首相の演説要旨(産経新聞)
「政策に腹立って…」民主のポスターはがす 千葉(産経新聞)
4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上(産経新聞)
混乱のツケ「不安」…政策また変わるの?(読売新聞)
<位置ゲー>コレクター心理刺激 ハマるGPS携帯ゲーム(毎日新聞)
posted by テライ モトハル at 11:34
"連続強盗強姦、被害女性が別室からビデオリンク陳述(産経新聞)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。